婦人

アライグマの侵入を確実に防ぐ|害虫や害獣を駆除する方法

スズメバチの脅威

ハチ

スズメバチは日本国内にいる全ての蜂の中で、最も脅威となる蜂です。その被害数は毒蛇による被害数を上回るほど多く発生しており、駆除にも危険が伴います。駆除を行う際には、専門の駆除業者に依頼することをお勧めします。

詳細

アライグマによる害獣被害

アライグマ

屋根裏に侵入する害獣は数多く存在し、それらはまとめて屋根裏害獣と呼ばれています。屋根裏害獣の例として、アライグマが挙げられます。アライグマは元々ペットとして人家で飼われていた外来種の動物でしたが、捨てられ野生化しその個体数を増やしました。毎年その数は増加しており、その野生化したアライグマが害獣被害を発生させているのです。その害獣被害というのは、農作物や家畜飼料に対する食害、人家の屋根裏侵入などが代表的な被害となっています。
アライグマが人家の屋根裏に侵入するのは、子育てを行う春先に多くなるでしょう。アライグマが屋根裏に侵入すると、騒音被害や糞害が発生し、庭に果樹や菜園がある場合には食害も引き起こされます。それらの被害の内、糞害が発生した際にはそれに伴って害虫の発生も伴います。発生する害虫はダニやノミも含まれており、それによる二次被害も受けることになるはずです。また、糞や尿が屋根裏に溜まり続けると、臭いも強くなります。そして、天井板が腐る原因にもなるでしょう。場合によっては、糞尿の重みによって天井板が抜けることもあるのです。そういった被害を避けるためにも、早期の駆除業者依頼が大切になります。駆除業者はアライグマの捕獲を行ってくれる業者で、屋根裏に溜まった糞尿の掃除と除菌まで行ってくれます。また、駆除業者は再発防止のために侵入口を塞ぐ施工も行ってくれるのです。素人の目では、全ての侵入口を見つけることは難しいものですが、経験豊富な駆除業者であれば容易に侵入口を見つけ穴を塞ぐことが可能です。

害虫の分類

ゴキブリ

不快害虫・衛生害虫・経済害虫といったように、害虫は三つの分類に分けることが可能です。ゴキブリはそれら全てに該当する恐ろしい害虫で、その駆除を行う際にはゴキブリ駆除業者への依頼が必要となる場合があります。

詳細

ネズミ駆除業者に依頼

鼠

ネズミによる被害が発生した際には、ネズミ駆除業者に依頼することでスピーディ且つ確実な駆除を行ってくれます。また、駆除後にはネズミが侵入してくる侵入口を全て塞いでくれるでしょう。

詳細